Lenzgesind

ekreidolf.exblog.jp
ブログトップ
2007年 01月 17日

LUNDBY のドールハウス

e0113871_2152020.jpg

もともとコドモの頃から大のアストリッド・リンドグレーン好き。
ニイマンの日本語版、長靴下のピッピが発売されたこと、ひょんなことでスウェーデンのMICKI社からピッピ、トミー、アニカの人形付きドールハウスが発売されたことを知り、なんとかゲットしたいものだと考えておりました(ヲタク)。
 MICKI社のサイトはLUNDBYのサイトとならんで表示されていて両サイトとも素敵。でも日本での入手方法がわからず、しかもモダンスタイルでない、ややアンティークなハウスを探していたところ、VINTAGE LUNDBYに出会うことができました。
 以前からドールハウス関係のミニチュアを収集したり、家具を少しずつ作りためてきたので、このドールハウスに出会えたことは、長年の夢がかなったといってもいいほどのできごと。
床下の小人たちシリーズ、リンドグレーンの親指小僧ニルス・カールソン、人形の家、これらの本を愛読書に育ちましたので、ヲタク的ですが、心のどこかで、<小さい人>たちの存在を欲しているのかもしれませんね。
e0113871_23252467.jpg
 LUNDBYはSWEDENの製品ですが、我が家のハウスにはムーミン一族が現在借り暮らしをしはじめております。また少しずつアップしていきたいと思っています。
初春のムーミン達、新年の抱負は何でしょうか。
[PR]

by EKreidolf | 2007-01-17 02:15 | ドールハウス


<< エル・スール ヴェネツィアの宿の夜      本が好き >>