タグ:カブトムシ ( 2 ) タグの人気記事


2008年 06月 25日

グレゴール・ザムザ氏・虫男をめぐる簡単な考察

e0113871_12393392.jpg

~ある朝、グレゴール・ザムザが不安な夢から目を覚ましたところ、
ベッドのなかで自分が途方もない虫に変わっているのに気がついた。~



 おなじみカフカの<変身>はこんな風にはじまります。
ひとりの平凡なサラリーマンである、グレゴール・ザムザ氏が、ある朝突然起床したら
奇怪な虫に姿を変えていた、という奇想天外なおはなし。
e0113871_12401156.jpg

 ウィキペディアでこの虫について調べたところ、甲虫であろうとの考察が載っていました。
えっ、はたして本当に甲虫でよいのでしょうか。
本文をよく読むと、以下のような描写が目につきます。
~甲羅のように固い背中~
~こげ茶色をした丸い腹~
~なんともかぼそい無数の足~
e0113871_12404292.jpg

 一家の大黒柱が虫になってしまった家族。
家族とザムザ氏の関係の変化、そして彼らの意識の改革されていく様子を手に取るように
みせてくれる作品です。
作者であるカフカはきっと、虫と自分をときにだぶらせながら楽しんで、
ある意味自虐的にこの作品を書いたのではなかろうか・・・と勘ぐってしまいました。
e0113871_1243361.jpg

 先日、父とこの小説の虫男についてちょっぴり話したのですが、
父は甲虫説、わたしはフナムシのようなもっと不気味なものを想像していて・・・
ちょっと意見が割れちゃいました^^

それで池内紀氏の白水社版を読み返しました。
カフカはこの虫がどんな虫かを特定されることにすごく反発していたのですね。
当然、挿絵をのせることも嫌い、虫男の絵は描かないように!とクレームをつけたのだそうです。少し胸がすっきりしました。
なんだかカブトムシではかわいらしい姿のために役不足を感じていたもので。
すみません、大きなカブトムシくんが羽化しましたのでちょっといたずらしてしまいました。。。

羽化。
[PR]

by EKreidolf | 2008-06-25 12:45 | 蟲観察
2008年 05月 22日

虫愛づる姫君に贈る~カブトムシ編

e0113871_12195139.jpg

 暖かくなってくると外出時に蝶がかたわらをひらひらと舞って
やがて空遠くに小さくきえてゆく、ささやかな幸せな光景に思わず口元がゆるむ、
そんなひとときの幸せのために自らなにを為せるかを問われるときが来てしまいました。
 

虫嫌いは絶対みないで♪かぶと虫の蛹化編
[PR]

by EKreidolf | 2008-05-22 12:24 | 蟲観察