「ほっ」と。キャンペーン
2012年 10月 21日

聴いたもの



日々、いろんなことに追われてる、いや追いかけてる。
掃除洗濯して仕事してご飯作って食べさせて嫌がる子供の顔やおしりふいてお風呂に入れて、を
繰り返し、繰り返し。
もう少しで長男のおむつやっととれるかも。
このかたの歌が頭の中でリフレイン。

More
[PR]

# by EKreidolf | 2012-10-21 00:54 | 雑記
2012年 10月 10日

秋の夜、あれこれ


 
 ふ~~、育児ストレスか頭がぼ~っとするので思いつくまま。
そういえばいつも慰めてくれる十五夜のお月さまを今年はみのがしちゃった・・・


 画像はメリエスの『月世界旅行』。
月へ向かおうとする人々の旅行記ってちょっと珍妙な面白さがある。
日本のかぐやひめは竹から現われるし、シラノ・ド・ベルジュラックの旅行記は現代からすると
珍妙過ぎて痛快だし。
ヴェルヌ、メリエスに続いてはカレル・ゼマンに『ほら男爵の冒険』があった。
なんかストレスがたまったとき、やめらんない、SF。



チェコのカレル・ゼマン『ほら男爵の冒険』(1961年)。
原作者はベルトールド・ビュルガー、実はエーリッヒ・ケストナーの偽名。
ナチも協力してヨゼフ・フォン・バキ監督によってこの物語がドイツで映画化された1943年当時、
反ナチのケストナーの本は発禁処分であったため、この事実を知ったゲッペルスは憤慨したという。
1943年のドイツ、バキ監督バージョン。





 SFといえばずっと『メトロポリス』の監督、フリッツ・ラングについては誤解してたみたい。
紀伊国屋のDVDに付属していた解説で、ラングは妻で作家のテア・フォン・ハルボウが
当時ナチに傾倒しすぎたために離婚したようなことが記述にあったように思う。
ちょっと前に新装版ででた創元推理文庫『メトロポリス』の解説では
最近の研究でわかったことが詳細に描かれていて、
ハルボウばかりが心酔したわけでなく、ラング自身も保身のためか
当時ナチの宣伝担当であったゲッペルスに作品を持っていったり
いくばくかの交流があったようで、完全に被害者扱いはできないよう。
ラングもユダヤの血が流れていたわけだし、当時の社会情勢を考えれば無理もない話だけど。
(そうしてみると他人が知りうるわけもなかったわけだけど、あの時代のドイツに
ユダヤ人の医師を父に持ったエーリッヒ・ケストナーの物凄さがよくわかる。
彼がドイツに居住するだけでヒトラーをあざ笑ってた。)


 さて、春に長女と観に行った映画『ヒューゴの不思議な発明』。
スコセッシ監督と思えないノスタルジーかつ遊び心満載な映画でした。
からくり人形(オートマタ)の造形は『メトロポリス』のマリアを彷彿とさせるし、
図書館の館長がクリストファー・リーなんて泣かせる。
もっと怪奇的な恐ろしい(ドラキュラ伯爵のような^^)リーの姿も観たかったかな。
でもリーは実は『指輪物語』のガンダルフ役を長年熱望してたらしいから、
(ピーター・ジャクソンによって映画化された時は高齢のため諦めたらしいけど)
温かみのある役を、とても嬉しそうに演じていると感じてしまった・・・。
スコセッシらしい深みのあるドラマのシーンでは3Dの薄っぺらさが邪魔で邪魔でイライラしたけど、
駅舎という舞台背景、歯車のまわる独特のアナログな機械仕掛けの面白さを
音響とともに味わえたのはよかったと思う。そう、カチャリ、カチャリというあの音。
おじいちゃんの膝の上で(ハリス・ツイードみたいな膝かけ毛布にくるまって)、
ホットミルクを飲みながら飛び出す絵本を読んでもらったような気分になった。
つい先日DVDも出たみたいだから時間があればまた観たいと思う。


[PR]

# by EKreidolf | 2012-10-10 23:47 | 映画
2012年 10月 02日

『三日月の棲む森』~ミンミンさんの個展

e0113871_037105.jpg


 秋の夜長に日々こちらを眺めてうっとりとさせていただいてます
ああ、なんて懐かしくも繊細で美しい世界!


ミンミンさんの個展。
10月6日(土)から16日(火)まで、東京高輪にある啓祐堂ギャラリーにて。
[PR]

# by EKreidolf | 2012-10-02 00:38 | art
2012年 09月 30日

夏の終わり

e0113871_23293327.jpg

ご無沙汰しています。
このところちびたちの活発さに疲労困憊して、ブログ更新もままならない状況でした・・・
やってることはあまり変わりないです・・・

キアゲハ!
[PR]

# by EKreidolf | 2012-09-30 23:45 | 蟲観察
2012年 08月 23日

お知らせ

e0113871_1342617.jpg

このところクライドルフ探求に避ける時間がなくやや停滞中。
少々日々のこと、庭の出来事も記してゆくつもりです。
気分転換のためタイトルも一時また戻しちゃいました^^
よろしくお付き合いくださいませ。

キン・ザ・ザ的宇宙船?は銀河庭園にて。
[PR]

# by EKreidolf | 2012-08-23 08:55 |