Lenzgesind

ekreidolf.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:読書( 30 )


2012年 07月 12日

ちいさな蝶~神谷美恵子さんへの手紙

ジュネーブ、1926年11月1日
 私のいとしいミエコよ
 この小さな蝶を私の思い出に持っていて下さい。
あなたの国の最も偉大な芸術家たちは感情や観念のシンボルを、自然の中から最もよく、ひき出すことのできた人たちです。
 この蝶をあなたにあげるのは、自然そのもののものをあげるわけですが、それはあなたにそうなって欲しいと思うもののシンボルであるからです。
シンボルという考えが浮かんだのは、あなたにふさわしいと私が考えたからなのです。
羽の表面はしなやかで、深い、光を放つ濃い色。
それらの色はいつの日にかあなたを立派な日本女性に育てることでしょう。
羽の裏面には、はなやかで快活な図柄が奔放にあそんでいる。
それはあなたの若々しい活気、陽気を現わしており、それによって友だち皆と仲よくできたのです。
あなたの人生を通じて、知恵の裏側がいつでも快活さでありうるように、
一生があなたにとって充分穏やかなものであるように、私は心から祈っています。
 フランスのおじいさんとしてキスさせて下さいね。
                              ポール・デュプイ


 このところ母の本棚から勝手に持ってきた本、『神谷美恵子の世界』を読んでいます。
この手紙は神谷美恵子さんが中学時代滞在したスイスにおいて教育を受けた学校の教師、
ポール・デュプイ氏から。
彼女がジュネーブを経つときにブラジルのめずらしい蝶の標本の小箱とともにいただいたそう。
何と心やさしくおだやかな愛情に満ちた言葉。


 美恵子さんは後にこう述懐しています。
「デュプイ先生ほど私たちが質的にも時間的にも多くを教えられた先生はない。
あまりにも幼かったために、その先生の「知恵」を充分吸収しえなかったことが悔やまれるが、
それでも漠然と何か「第一級」のものに接した思いがいつまでも残っている。
中学校の子どもがああいう「大物」に教えられるという好運は、めったにないことなのだろう」
と。
感性が柔軟なこどものうちに、学ぶ姿勢を持ち、自己の世界を広げてゆくことの
楽しさを知っている大人とのふれあいを持つことの喜び、恩恵を彼女は享受し、
その身にかみしめていたのだということがうかがえます。
 こういった師との出会いがそののちの神谷美恵子さん、
数カ国語に堪能で国家に重用されていたのに医学の道を志し、
ハンセン病の患者と真摯に向き合い、ヴァージニア・ウルフらの研究に没頭するという
彼女いうところの『人生の十字架』を背負うような激しい道を選ぶことの
ひとつの萌芽となったのでしょうか。

羽化しました!
[PR]

by EKreidolf | 2012-07-12 14:17 | 読書
2012年 04月 21日

もうひとりのコンタンポラン

~わが目をもって自然語の読本を読めということは、
つまり手近い所にあるものをとってこれを子供に読ましめよということ、
即ち観察せしめよということである。それにはどうしても郷土的なものになる、
すなわち地方的なものになる。
何処の土地でも当てはまるような理科の教材はないことになる。~
e0113871_21412086.jpg


これは明治39年の文部省の理科教授法にある言葉です。
当時は理科というものは教科書から学ぶものではなく、
児童をとりまく自然から学ぶものである、という考え方がありました。
理科の授業は地方によって異なる自然を題材にするべきであり、
日本全国に共通する教科書は存在しないという概念が提唱され、
なんと理科の教科書は使用禁止になっていたそうです。
う~ん、当時の子供たちはくさはらから多くのことを学んでいたんだ~。

こうした時代背景をもとに、児童達また指導に困った先生たちのために
さまざまな植物図鑑が発行されましたが、
その編纂に力を尽くした日本を代表する植物学者、牧野富太郎氏の
今年は、生誕150周年にあたります。

牧野富太郎先生は1862年4月、高知県の生まれ。
お亡くなりになったのは1957年のことですから、まさにエルンスト・クライドルフ(1863年生~1956年没)と
一世紀近くにわたり同時代を駆け抜けた希有の天才植物学者です。

スイスにおいてクライドルフが花や虫たちからさまざまなインスピレーションを受け
絵本を製作したのに対し、そのまさに同時期に牧野先生は日本の植物学者の風雲児となり
野や山を標本採集に奔走し、図鑑の編集にと精力的に活動していたことになります。
先生の関わってらした書籍の印刷の歴史も、初期はその多くが石版印刷であり、
クライドルフの絵本の印刷の歴史と重なり興味深い。

 数えきれない植物学の図書の収集家としても名高く、「赦鞭一撻」を旨とし悉く渉猟閲読を要す、
と植物学においては妥協を許さぬ蔵書収集で、牧野文庫に納められた蔵書の中には
古書店からの請求伝票が挟まれたままになったものもあるというから面白い^^。
いつか牧野植物園に出かけて行って先生の面影をしのんでみたいものです。

さて、そんな先生の生誕150周年を記念に、郵便局からこんな切手が発行されるのだとか。
博物画好きにはたまらない!4月24日発売だそうです。
またこの日は牧野植物園も無料開放だそうですよ。
[PR]

by EKreidolf | 2012-04-21 21:41 | 読書
2012年 03月 28日

『動物詩集』

e0113871_1429276.jpg

 子らとともに過ごす春休みです。職場にも迷惑が・・・
気候の乱れとともに自律神経も狂いまくってしまい、願わくば眠気に身を任せたい・・・
ずいぶんと前にシマウマ書房さんでみつけた本。
来客の方々にずいぶんとほめられた本です^^
室生犀星の『動物詩集』。
装丁、装画は恩地孝四郎氏です。
e0113871_14295849.jpg

恩地氏の装丁がとても好みです、しぶ。
現在も再版されているようです。
e0113871_14302728.jpg

金魚も!もちろん。
生き物たちの息遣いの感じられるこれからの季節、
この春から2年生になる次女に音読させようか。
e0113871_14304651.jpg

こちらも再版モノで昭和46年出版の本でしたが、とても状態がいいものでした^^

ドラマ『火の魚』つながりで・・・
カーネーション、もうじき終わっちゃうのがさみしい。
日々の生活の中で欠伸のように深いところから漏れてくるモノローグが好きだった。
渡辺あやさん、尾野真千子さんの作品がまた観たい。
あ、池脇千鶴さんもジョゼでとてもよかったですが。

[PR]

by EKreidolf | 2012-03-28 14:43 | 読書
2011年 10月 14日

秋のおでかけ・クライドルフの講習会

e0113871_13425384.jpg

しとしとと雨の降る日。
e0113871_13433016.jpg

こんな日はトムの庭に行って好みの絵本でも探して、
美味しい紅茶でも飲みたくなっちゃう。

本についての会話をあまり交わす方ではないのだけれど、
幼いころの記憶を呼び覚ます、
懐かしくも慕わしい絵本たちに会える場所がここ。
店主の月岡さんのセレクトはサプライズの宝庫。

今読みたい古書に出会えるのもうれしいところ。
ちょうど探していた森まゆみさんの『鴎外の坂』をみつけた。
e0113871_1343447.jpg

また大切な人たちを連れて行きたいなー。

神戸で・・・
[PR]

by EKreidolf | 2011-10-14 23:11 | 読書
2011年 09月 08日

コンタンポラン。

 この夏、むすめたちがイケメンパラダイスに夢中です。
とはいっても今放送のフジテレビのドラマのほうではなく、東海地方で再放送されてる
2007年の水嶋ヒロくんとか生田斗真くん出演の方みたいなんですけど。
ママは誰がいいの~?って聞かれますが、ん~~。
自分でも、もう生誕150周年を迎えようとしてるクライドルフをおっかけてるとなんか落ち着くんですが、
これっておかしいのかなあ、とも思います。韓ドラもよく知らないし。



 かねてから、クライドルフの詩集、『花と妖精の絵本』3部作の邦訳をなさった矢川澄子さんは
どうして小さな銀の鈴を振るような、美しい詩の翻訳ができるのか不思議でたまらなかったのですが、
彼女の読書遍歴を振り返ると、高校生時代からあの明治の文豪、森鴎外の影響を強く受けていらしたようで、
彼女自身、『於母影』や『即興詩人』などの鴎外訳を暗記するほど読みふけったと述懐していらっしゃいます。

 以前ちょっと触れさせていただいたように、森鴎外の著作については苦手意識が強く、
あまり触れることもなかったのですが、この夏長女が歴史に興味をもつようになり、読んでみました、
『阿部一族』と『渋江抽斎』。
もうこれが面白くて面白くて。
特に『渋江抽斎』などは姿勢を正して執筆活動をする鴎外先生の、
嬉々とした高揚感がうかがえたり、次女の杏奴さんに浴衣を着せて神田の古本屋にでかけた、
という杏奴さんの随筆を思い出し、孤独を愛した鴎外がまるで古い級友の面影を求めるかのように、
資料を探しだしほくそ笑むといった姿が浮かんできたりで、
今まで遥かかなた遠いところにいた明治の偉人が少々身近に感じられ、嬉しく思われました。

ところで鴎外氏の年表を振り返れば、彼が軍医としてドイツはベルリンに派遣されたのは
1884年8月のことです。
さらに、1886年3月にはミュンヘンに移動し、約1年ほどの間大学衛生部で研究に従事します。
このころ・・・そうです、エルンスト・クライドルフはミュンヘン王立アカデミーで画家になるべく切磋琢磨していた時代です。

出生年をみれば鴎外、森林太郎は1862年2月17日生まれ。
クライドルフの1年年長(1863年2月9日生まれ)となります・・・
そう、鴎外氏はクライドルフのまさにコンタンポラン(仏語:同時代の人)にあたります。あ、星座は同じ水瓶座だ・・・

さらに・・・
[PR]

by EKreidolf | 2011-09-08 15:41 | 読書
2011年 06月 09日

ヘルン先生の言霊

 
e0113871_1321829.jpg


このところ浮動性の眩暈に悩まされていて日常がまるで舟の上にいるようで
ふわふわとおぼつかない。
幻視幻聴などでてきていてもおかしくないから、どうかハナシ半分に読んでいただけたら
幸いです。
e0113871_10453913.jpg


ことのおこりは彼奴との出会い。
大きなカミキリが我が小園のお気に入りのエゴの樹皮をむさぼっているのを発見。
e0113871_10193473.jpg

「ちょいとお前さん、そんなことしちゃ駄目ぢゃあないか。」

More
[PR]

by EKreidolf | 2011-06-09 13:22 | 読書
2011年 04月 20日

しのぶれど

e0113871_8303392.jpg


眼をつぶって、足許の小石を揺する急流の響を聞き澄ましていると、
いろいろの事が眼にみえる。
別れた伯林の景色が見える。
別れた女の面影がありありと浮かぶ。
あわれ、過ぎにし夢、仇なる思い出。
何という美しい優しい悲哀であろう。
この悲しみこの物思いこそ今自分の身には何よりも懐かしい。
恋人そのものよりもかえって懐かしい。
自分は帰らぬ昔を思い返し、尽きぬ悲しい夢に酔おうがため、
毎日の夕暮れ、この河原に来ては草の上に腰を下ろすのである。


永井荷風『ふらんす物語』より


More
[PR]

by EKreidolf | 2011-04-20 08:32 | 読書
2009年 03月 01日

徒然・・・

e0113871_2171445.jpg


 このところの落ち着かない陽気のように
おぼつかない日々のなかでも、おいしくて温かなものは
こころの奥にしみいるのだなあ・・・ということを痛感し、
感謝する日々をおくっています。

布団の中で・・・
[PR]

by EKreidolf | 2009-03-01 23:35 | 読書
2009年 02月 19日

大伽藍

e0113871_2327399.jpg

みなさまお元気ですか?
バレンタイン狂奏曲も終わりましたね!
我が家は今年は手作り。長女が頑張りました。

さて、これはパリのモロー美術館で購入したこのポスター。
ユイスマンスとモローについての展覧会のもの。
残念ながら開催時期をすぎていて、昨年2月渡仏時にはみられなかったのです・・・。
e0113871_23275521.jpg

そういえば、1年前のこの寒い時期にかのフランスの地を
歩いたことを懐かしく思い出しました。
先日、名古屋・本山の古書店シマウマ書房さんで
パリのシャルトル大聖堂を舞台にした
ユイスマンスの<大伽藍>をみつけました。
シャルトルの思い出も懐かしく、思わず手に取りました。

本来ユイスマンスを読むのなら、時代から行っても<さかしま>から
読むほうが適当なのかもしれませんが、
改宗してからの彼の方に興味が強かったのでこちらを先に。

しかしこの装丁にはびっくり。
表紙からして<異端>とあるとどんな風かと思いきや。
当時にしてみたらさぞかし毒のある文章だったかと思われますが、
綿密なシャルトル内部の装飾や宗教画についての深い考察が満載。

大伽藍の記憶・・・
[PR]

by EKreidolf | 2009-02-19 11:58 | 読書
2008年 06月 02日

時計草~メキシコの夢

e0113871_11443847.jpg

 
 先日子供と植物園にいったおり、この時計草に久々に出会いました。
はじめてみたときびっくりしたこの花のすがたかたち。

 時計草はヨーロッパではその特異な構造から、<受難の花>Passifloraと名付けられています。16世紀にスペインの伝道師たちが中南米大陸に<伝道>にいったおりに欧州に持ち帰った種が起源とされ、葉・子房・葯・雄しべ・副冠/蕚と併せて十枚の花びらがそれぞれ、刑吏の槍・十字架・釘・キリストの傷跡痕・かなずち・茨の冠・ペテロとユダを除く十人の使徒に例えられ、こんな名になったとか。。
e0113871_1145389.jpg

こちらはエルンスト・クライドルフが描いた時計草。タイトルも<受難の花>。
果たして16世紀に時計草が目にしたものとは。

メキシコの夢
[PR]

by EKreidolf | 2008-06-02 11:48 | 読書