Lenzgesind

ekreidolf.exblog.jp
ブログトップ
2008年 06月 06日

いもむしのカミーユ

e0113871_10563540.jpg

ストラスブールでの思い出。
歩き疲れて立ち寄ったお店、<RISS>。
ここではお土産も購入しちゃいました。
(そういえばこのお店、2階の窓に注目!琥珀色の六角形のガラス窓がとても素敵でした)
e0113871_1057475.jpg

これ、ちっちゃいもの倶楽部としてはたまらない一品、
そう、<にわの小さななかまたち>シリーズのフェーヴです。
焼き菓子の中に入れるアイテムなんですが、袋詰めしてあってまとめ買い可。
そのかわいらしさに一目ぼれ~♪
e0113871_10585576.jpg

フランスでは虫好きは日本ほどいないよ、な~んていわれてますが、
みたところ虫たちの絵本も多く出版されていました。
日本でも手に入るのはこれ、A・クリングスのこのシリーズ。
蚤・蚊・虱・好奇心旺盛な小人などなどおかしなキャラクターたちがかわいらしいシリーズです。
でもちょっぴり残念だったのはフェーヴにいも虫のカミーユの姿がみあたらない・・・



e0113871_10592568.jpg

立派に成長しました。
無事解脱(最後に大量の糞をする)を終え、もはや最終ステージ・・・。
e0113871_10594048.jpg

蛹化の場所を蜜柑の木と決めてくれた親孝行なこの子。
e0113871_110083.jpg

夕方6時近く、はじまりました。
じっと見守っていた長女に呼ばれて行ってみるとすでにこんな姿に!
e0113871_1101785.jpg

身をよじって脱いでいきます。
e0113871_1103980.jpg

この間、わずか2分くらいでしょうか、
長女が興奮して木にさわるのでピンボケ写真。
e0113871_1105258.jpg

立派な蛹とあいなりました^^
無事育ってくれるといいなあ。
e0113871_19553160.jpg

心配なのはこの子。
強風で落ちてしまった。
蛹にはなれたけど大丈夫かな。。。
[PR]

by EKreidolf | 2008-06-06 11:13 | 蟲観察


<< 20年ちかく前の画集。      時計草~メキシコの夢 >>