2007年 11月 16日

木のうた

 いつも通りかかるお寺の境内の大きな銀杏が黄金色をまとい、すっくと立っていました。
いよいよ秋も終わりに近づき、冬の足音が聞こえてきます。
e0113871_21571478.jpg

かつて佑学社というところがあって、素敵な絵本をたくさん出版していました。
その中でも大好きな絵本<木のうた>。
ハンガリーの画家であり、建築家でもあったジョールジュ・レホツキーが
孫のムキのために描いた絵を集めたもの。
日本ではそれに木島始氏が詩をつけています。
e0113871_21573220.jpg

秋をイメージさせるページを選ばせていただきました。
e0113871_2157485.jpg

ーひとつぶの種から 何が どのくらい 溢れ出てくる?
木島氏の詩は語りかけます。
e0113871_222461.jpg

向かい合うのはレホーツキーと孫のムキでしょうか。
e0113871_2158379.jpg

この絵本の四季おりおり、すべてすばらしいので、また取り上げたいとおもいます。
彼は<鳥のうた>という絵本も残しています。これについても、また。
[PR]

by EKreidolf | 2007-11-16 21:58 | 絵本


<< <解放>の記憶      エクレア >>